対象症例
HOME >  対象症例  > 症例一覧

症例一覧

  • リハビリマッサージの対象となる症例

    症例

    ・脳血管疾患による後遺症(脳梗塞・脳出血など)
    ・片麻痺
    ・関節拘縮
    ・筋委縮
    ・浮腫
    ・歩行困難
    ・変形性関節症(脊椎・要椎・膝・頚椎)
    ・内臓疾患(パーキンソン病)
    ・骨折後遺症
    ・リウマチなど

  • 脳血管疾患の後遺症

    早期発見・早期治療により後遺症が軽い場合もあるが、重度の場合は運動障がい(半身麻酔など)
    言語障がい・感覚(味覚・痛覚など)障がいなどが残り、リハビリなどによる機能回復訓練が必要となります。

    脳血管疾患の後遺症とリハビリマッサージ
    発症後は少しでも早くリハビリをおこなうことが、回復の第一歩となります。脳血管疾患によって脳の一部に障がいが発症した場合、
    脳の残りの部分に失われた機能を学習させることが必要になります。
    また、運動機能回復には関節の可動域の拡大や筋力の維持・増強を目指してリハビリマッサージや運動療法をおこなうなど、
    一日でも早く取り組むことが重要です。

  • パーキンソン病

    神経変性疾患の1つであり、日本では難病(特定疾患)に指定されています。
    運動障がいや筋肉のこわばり、動作が鈍くなる、歩行障がいが起こるなどの運動症状、
    自律神経の不調、うつや幻覚、不眠や痴呆などの精神症状の障がいを引き起こします。

    パーキンソン病とリハビリマッサージ
    現在パーキンソン病に対する治療は、運動症状や精神症状、自律神経症状に対する対症療法がほとんどで、
    リハビリにおいては二次性の筋力低下や関節拘縮をきたすことがあるため運動療法により、
    少しでも症状の進捗を遅らせるとも言われておりマッサージも対症療法の一つとなります。