インフォメーション
HOME >  インフォメーション  > 患者様の声

患者様の声

ご利用者様の声
Yさん(西区在住)⇒脳梗塞後遺症

11年前に脳梗塞を発症し、現在も左半身に麻痺が残っていますが、4年前くらいから感覚が戻ってきました。
A先生が熱心に施術してくれたおかげだと感謝しています。
私は介護保険の点数制限ギリギリまでプランを利用しており、訪問リハビリは残念ながら利用できません。
その中でA先生は、マッサージと並行してリハビリもメニューの中に取り組んで入れてもらっています。
私の体調を見ながら当日の施術内容を考えてくれるので、すごく助かっています。
もっと自分の体を自分の意思で動かせるようになりたいので、これからもよろしくお願いします。
担当者より
3年くらい前から目に見えてブルンストロームのレベルアップが見られるようになったのを私も実感しました。
何よりもYさんのリハビリ意欲旺盛な頑張りと強い精神力にその要因があると思っています。
今春(H26.4月)を迎えた頃、生き生きとした嬉しそうな声で「歩行用装具を外して屋外を歩けるようになった」と
電話をもらった時は、僕も自分のことのように嬉しかったですよ。
これからも一緒になってリハビリマッサージに取り組んでいきましょうね!!
ご利用者様の声
Yさん(東区在住)⇒脳挫傷後遺症

私は呼吸器系の疾患に苦しんでいたときに、友達から訪問マッサージの存在を知り、H先生と出会いました。
肩で呼吸をするという表現があるように、横隔膜による呼吸だけでは酸素吸入が充分ではなく苦しいとき程、
頭~首~肩~胸にかけての筋肉がとても疲れてしまいます。
そんなときに固まった筋肉をH先生のマッサージでほぐしてもらうと随分と楽になります。
1週間の体調リズムを週1~2回のマッサージで元気を保っているのを実感しています。
同じ病気で同じ苦しみを感じている友達がいらっしゃったらぜひおすすめしたいと常日頃思っています。
担当者より
もうかれこれ施術を始めてから丸3年が経過したところです。まだ50歳代とお若いので元気な
社会生活を送っていただけるよう私もサポートしていきたいと思っています。
呼吸器系の疾患は、季節の移り変わりの節目や、気温の変化などにより体調を崩し易いこともあるので、
今後も体調を見ながら伴奏させていただきたいと思っています。
ご利用者様の声
Kさん(南区在住)⇒右被殻出血による左片麻痺及び関節拘縮

マッサージ開始当初は、左肩関節の亜脱臼で三角巾をいつも着けていましたが半年経過頃に外せるように
なったことと、左下肢の皮膚感覚がほとんどなかったので寝返りができなかったのが今ではできるようになり、
お陰様で車椅子にも一人で移れるようになったことが大変嬉しくM先生に感謝しています。

まだ先の目標ですが、介助の応援をしていただきながら歩けるようになりたいと思っているので、M先生よろしくお願いします。
担当者より
左手・指の拘縮も施術開始当初よりも大分改善してきました。
マッサージと運動法にも慣れて筋力もついてきてますので、防止カバーを持って起立の練習に取り組んでいきましょう。
もう少し前向きにリハビリ意欲を持って一緒に頑張ればもっともっとレベルアップできると思いますよ。
私の目標も介助付きで歩行可能になったKさんの姿を見たいので一生懸命施術応援させていただきます。